TA

期待される効果 : ★担当職種に要求される人格の成長・人格の変容 

             ★職種に応じた、自己の人格の問題点の自覚

 

ビジネス業界の社員教育では人気のある、TAです。 個々の人格の問題点に気づき、職種にふさわしい人格に成長を促します。 コンピテンシーでもある様に、職種にあった性格特性への向上を促す事は、知識や技能の習得と同様に、人材育成上において重要です。

 

TAは、交流分析とよばれ、エリックバーン博士により創始された、フロイトの精神分析の簡易版ともされていて、全世界に普及しています。日本では心療内科やカウンセリングの世界、もしくは産業界や教育界に至るまで、幅広く活用されています。

 

心理テストを用いながら、自己分析を行い、自己に気づきながら、与えられた職務に適合した性格特性へ人格の成長を促します。